とある地方イベンターのログポース

岐阜在住のイベンターが綴るイベントあれこれ話

MENU

ライブ用耳栓のすゝめ

f:id:BearClaw:20160725192450j:plain

みなさんライブ後に耳に違和感があったことはないでしょうか?

目の前がスピーカーがあり、会場全体爆音であったりと。

オルスタであればスピーカー前を回避することはできますが、

指定席であったり、会場自体爆音であるとどうにもなりません。

私が行ったライブ振り返ると、ロック系の現場は爆音になることが多いです。

人によっては、俗に言われるロック難聴になってしまう場合もあります。

以下をwikipedia参照。

音響外傷 - Wikipedia

そこでライブ難聴にならない対策として、オススメなのがライブ用耳栓です。

今回は私が使っているライブ用耳栓のご紹介します。

 

ALPINE 耳栓 HEARING PROTECTION MusicSafe Pro ブラック

ALPINE 耳栓 HEARING PROTECTION MusicSafe Pro ブラック

 

耳栓性能

通常の耳栓であれば全体音量が下がるだけかと思いますが、

このライブ用耳栓は周波数の減衰具合が違う3種類のフィルターが付属しており、

聞く音楽等々によって手軽に交換することができます。

また耳栓本体は耐久性のある素材なので、繰り返し使用することが可能です。

商品の詳細は下記のページを参照してください。

http://www.kikutani.co.jp/alpine/musicsafe_pro.html

レビュー

30回以上ライブ用耳栓をつけた感想を箇条書きに。

 ・爆音ライブでも、耳の違和感を覚えることはない

・違和感なく歌声やMCが聞こえる

・周辺のクラップや歌声は減衰され、楽曲に集中できる

・装着後も会話は普通にできる

・繰り返し使用できる素材でエコ

 

初期投資は少しかかりますが、耳栓は繰り返し使えますし、

ライブ難聴になって、好きなライブ行けなるのを避けるにも

ライブ用耳栓装着をオススメします。 

今回ご紹介した耳栓より安いライブ用耳栓もありますので、

一度試してみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする