読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある地方イベンターのログポース

岐阜在住のイベンターが綴るイベントあれこれ話

MENU

君の名は。聖地巡礼(岐阜編)してきました

興行収入150億円突破目前の君の名は。ですが、みなさんご覧になったでしょうか?

岐阜県民としては、君の名は。聖地巡礼は外せないと思っていたところ、

天気やイベント予定だったり、雪が降る前に行かねばということで、

2016/10/10に君の名は。聖地巡礼(岐阜編)をしてきました。

聖地巡礼にあたり、直近で2回目の鑑賞をしました。

行きルート

主要な聖地ポイントである飛騨古川駅周辺です。

高山駅から車で30分程度北に位置しています。 

朝7時半過ぎに岐阜市にある自宅を出発し、関IC→荘川ICまで高速に乗り、

R158→r90で、最初の聖地である旧落合バス停へ向かいました。

岐阜市から2時間程度での到着です。

秋の高山祭もあり、東海北陸は比較的混んでた印象です。

白鳥ICより北の対面通行区間は、途中で降りて下道走るのがほとんどです。

行きは、郡上八幡IC手前でベンツが本線上で蛇行運転していて、

事故に巻き込まれる寸前で冷や汗モノでした。

実際、前の前の車が追突事故起こしてました。

 

旧落合バス停

最初に訪れた聖地は、高山本線角川駅近くにある旧落合バス停です。

劇中では、瀧、奥寺先輩、司で、三葉が住む町「糸守町」を

探しに行った際に登場したバス停です。

 

気多若宮神社

続きまして、訪れたのは飛騨市にある気多若宮神社です。

劇中では、瀧が糸守町を探すためにおばさんに聞き込み調査中の一場面です。

神社へ来たからには、お清めしてから参拝します。

飛騨市図書

続きまして、飛騨古川駅周辺へ向かいます。

最初は、飛騨市図書館へ。ギリギリ駐車場へ入れましたが、満車になる場面も。

周辺にはその他町営の無料駐車場もあるので、そちらを利用するといいでしょう。

図書館のFBによると、10/9だけで500人以上の方が図書館へ聖地巡礼に来たとか。

写真を取るべく、説明を受け許可証をもらい、館内の写真撮影。

劇中では、図書館で糸守町隕石落下の記事や死亡者リストを閲覧している場面です。

飛騨古川駅跨線橋

続きまして、飛騨古川駅跨線橋へ向かいました。

劇中では、名古屋駅からワイドビューひだに乗って到着するシーンです。

劇中は、2番線ですが、通常は1番線に入線します。

ちょうどホームへワイドビューひだが来るタイミングでしたので、

ベストタイミングでした。該当時刻は、1107、1116です。

飛騨古川駅周辺

続きまして、飛騨古川駅とタクシー乗り場へ向かいました。

劇中では、駅に到着して、駅にいるマスコットキャラの看板で

浮かれるシーンです。キャラ名は、「ひだくろちゃん」です。

また、駅前のタクシーの運転手に聞き込み調査のシーンです。

これにて、一通り飛騨市にある君の名は。聖地巡礼は終わりましたが、

駅前を散策しました。鯉の泳ぐ瀬戸川と白壁土蔵街などを練り歩き、

お昼時になりました。出店があったので、鮎をいただきました。

劇中にもあった五平餅を食べるシーンのお店でも五平餅を頂きました。

 

組紐体験

最後に、飛騨古川さくら物産館へ向かいました。

君の名は。のパネル展も同時開催中です。

 こちらでは、組紐体験ができるとのことでしたので、チャレンジしました。

自分で3色の麻糸を選べ、700円で組紐体験ができます。

体験にあたっては、施設の方々が丁寧に教えてくれますので、

初心者の自分でも問題なく編むことができました。

およそ80分ほどかかりましたので、時間に余裕をみて、

組紐体験はやったほうがいいと思います。

教えて頂いた方は、映画は2回鑑賞済とのことでした。

日枝神社

続いて飛騨市を離れ、高山市へ向かいます。

高山市にも聖地があるんです。高山市にある日枝神社へ向かいました。

飛騨古川駅から車で30分程度で到着しました。

三葉と四葉が神社で口噛み酒の儀式を終えたあとに、

三葉がイケメンになりたーいと叫んだシーンです。

高山散策

これにて、君の名は。聖地巡礼(岐阜編)は巡礼完了ですが、

高山祭中の高山駅周辺を散策ならぬ、食べ歩きを敢行。

ついでに、何度も行っている氷菓の聖地巡りも。

〆は、豆天狗で高山ラーメンを食べてフィニッシュです。

 

帰宅ルート

帰りは、Google Mapで確認すると、高山西~ひるがの高原まで渋滞を確認。

JATICでは、それほど渋滞してないようでしたが、

Googleの交通状態はかなり役立ちます。

帰宅ルートは、R158→せせらぎ街道→郡上八幡IC→関IC→自宅でした。

高山市から郡上八幡ICまでが90分程度で、自宅まで2時間半程度でした。

まとめ

東海、関西方面から君の名は。聖地巡礼するのであれば、

記事の紹介した順序で回るのがベストかと思います。

ルートは、旧落合バス停→気多若宮神社飛騨市図書館、飛騨古川駅周辺→日枝神社

関東方面からは、逆ルートでいいかと思います。

岐阜への道中で諏訪湖によるのも忘れずに。

組紐体験を除けば、現地滞在時間4~5時間程度あれば余裕かと思います。

11月末からは、雪も降りますので、車で行かれる方はスタッドレス必須です。

 

 

 

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 

 

広告を非表示にする