とある地方イベンターのログポース

岐阜在住のイベンターが綴るイベントあれこれ話

MENU

3年連続でLiSA台湾公演に参加してきた

台湾の行きの飛行機についてはこちら

local-eventer.hatenablog.jp

今回は、LiSA台湾公演についてのレポートです。

 TICCまでの交通手段

15時過ぎに台北駅前のホテルにチェックイン。

とりあえず会場へ向かいます。

会場のTICC(台湾国際会議中心)へは、

MRT台北駅から淡水線(赤いライン)に乗って、

台北101駅で降ります。最寄り出口よりすぐで会場です。

MRT乗るときは、悠遊カード(EASYCARD)を作りましょう。

運賃が20%引きになりますし、コンビニ決済にも使用できます。

日本のSuica似たモノと捉えてもらうのが簡単かと思います。

暫定世界一の小籠包

16時過ぎに会場到着しましたが、開場1830 開演1930でしたので、

腹ごしらえに某声優さんが暫定世界一おいしいという小籠包屋さんへ行きました。

お店は、冠京華です。台北アリーナ駅が最寄り駅です。

来るのは、3度目です。一人で行くよりは、3人~4人ぐらいで来るのがベスト。

安定のおいしさで、たくさん食べても1人400元でした。

 TICCの座席番号の謎

会場に戻り、コール本を受け取りつつ、

台湾へ遠征してきた香港人や日本人話していざ会場内へ。

2階~5階まで通り抜けできる会場の階段はすごいことに。

会場の座席番号が日本にはない振り分けでで、知らないと確実に迷います。

日本であれば、下手側から1番、2番といった感じが大半かと思います。

簡単に表すと、真ん中が1番2番で、上手側が奇数番、下手側が偶数振られます。

例えば、〇列20番であれば下手側で、左隣の席番は22番、右隣は18番になります。

19番や21番の人は、真ん中を中心に対象の位置ということになります。

リスアニ台湾、アイマス台湾でTICC行く人は注意してくださいね。

 LiSA "LiVE is Smile Always ~Hi! FiVE~" Taipei 2016 セットリスト

M-01 Belive in myself
M-02 crossing field
M-03 エレクトリリカル
M-04 Get free
M-05 DOCTOR
M-06 oath sign
M-07 Brave Freak Out
M-08 一番の宝物
M-09 天黒黒(カバー曲)
M-10 シルシ
M-11 Little Braver
M-12 Rally Go Round
M-13 Psychedelic Drive
M-14 Rock-mode
M-15 Rising Hope
M-16 Hi Five!

EN-1 いつかの手紙
EN-2 halo-halo
EN-3 best day,best way

 

台湾公演に開催にあたり、曲人気アンケート調査があり以下の結果になりました。

1位 Oath sign

2位 Rising Hope

3位 シルシ 

LiSA台湾公演感想

ファンミーティングを含めてると、LiSA単独では3年連続で台湾でやってます。

ファンミーティング、LiSA×藍井エイルツーマン、去年のLegacy Taipeiで、

今年はキャパが倍になりTICCでの開催となりました。いづれも参戦しております。

台湾という海外の地でキャパ3000のホールを埋めるのは、かなり大変かと思います。

チケ発売時には、即日完売と言っていいほどの状況でした。

同会場のリスアニ台湾は、まだチケット余っています。

 

セトリは、日本のツアーとは若干の変更はありましたが、概ね同様かと思います。

やはりRock-modeからのRising Hopeは高まります。

海外公演ということで、中国語を予習にしてきて、MCで中国語披露してました。

日本語を理解できる人が多い台湾ではありますが、

去年以上にMCはパワーアップした印象を受けました。 

海外公演の魅力は、日本ではない観客の反応、

海外仕様のセトリ、ファンのサプライズ演出等々があり魅力的です。

今回であれば、天黒黒のカバーやアンコール時のファン企画です。

 

GetFreeのギター演奏は、日本でのツアー千秋楽の時

より煽りがより洗練された気がしました。


日本搖滾精靈Lisa演唱Get free 2016台北演唱會 LiVE is Smile Always~Hi FiVE~Taipei2016

天黒黒は去年に引き続きの歌唱です。

去年は確かCO-Kさんのギターのみでワンコーラス仕様でしたが、

今回はバンド仕様でフルコーラスの天黒黒でした。

当日の映像がありますので、興味ある方は。


日本搖滾精靈Lisa感動落淚演唱孫燕姿天黑黑 2016台北演唱會 LiVE is Smile Always~Hi FiVE~Taipei2016

最後のベスベスは、会場内を練り歩きしました。

恐らくスタッフへ事前の相談なくだとは思いますが、

なんせ階段がおそらく50段以上あるため移動が大変そうでした。

 

アンコールでLiSA登場時には、

事前に台湾勢が用意した企画をサプライズ演出です。

ネタとしては、客席に色付きボードを配布して、

アンコール時に掲げることで、文字が浮き上がる企画です。

事前にMinecraftで作った予想完成図をみせてもらい、

実際に会場で綺麗に見えるかなーと心配でしたが、

無事LiSAに伝わり企画成功してよかったと思います。

企画を計画にするあたり、事前に会場内にボードを設置する必要があったりで、

日本ではなかなかできない企画なのではと思います。

 

f:id:BearClaw:20160928215031j:plain

 

LiSA台湾公演打ち上げ

終演後は、知り合いの香港人と打ち上げへ。

お店は、鑫鱻生猛活海產 (吉林店)へ行きました。

なんて読むのかさっぱり分かりません。

怪しい日本語メニューもあるので、大半は理解できると思います。

こちらのお店では、様々なビールを飲めました。

Heineken、Tiger、台湾ビール(生、Classic、通常)

特に台湾生ビールは、賞味期限が製造日から18日しかない商品です。

台湾ビールはアルコール度数も低く、すっきりとした飲み口なので、

飲みやすいと思います。都合9人でビール16本開ました。

お会計もお安く1人370元で、日本円換算1100円とかなり安かったです。

 

翌日のLiSAソニーストア来店イベは、別記事でレポートします。

 

 

広告を非表示にする