読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある地方イベンターのログポース

岐阜在住のイベンターが綴るイベントあれこれ話

MENU

最初で最後のV-air搭乗レポート NGO→TPE ZV203便

先週末、台湾に行ってきましたので、とりあえずV-airの搭乗レポートを。

往復V-airの予定でしたが、減便の影響を受け、往路のみです。

搭乗日は、2016年9月24日(土)です。

事前準備等々は下記の記事を参照してください。

local-eventer.hatenablog.jp

交通手段及びチェックイン

セントレアへは、0731の名鉄特急 中部国際空港行きに乗車。0836着です。

V-airのカウンターは、国際線Eカウンターにあります。

1105発なので、2時間前にカウンターがあくのですが、

既にチェックインカウンターはあいておりチェックインができました。

V-airは機内持ち込み10kg制限ですので、余裕のクリア。

キャリー以外の手荷物にもV-airの荷物タグを付けられました。

手荷物検査、出国審査混雑はなく、10分かからず通過しました。

プライオリティパスでスタアララウンジへ

楽天ゴールド経由でプライオリティパスを作ったので、

存分に使うべくスターアライアンスラウンジへ。

LCCを使うのに、スタアララウンジ使えるのは嬉しい所です。

ホットミールの上海風焼きそば等々を頂きつつ、

プレモルと自作の知多ハイボールを飲みました。


V-air ZV203便 搭乗レポ

本題のV-air搭乗レポートです。

搭乗率は50%程度で大半は、台湾籍の人と推測されます。

日本人はほとんど見かけませんでした。

定刻通り機内に搭乗したのですが、

管制塔への提出書類に不備があったため、出発30分程delayしました。

機内搭乗後ですが、事前に聞いていた通りPeach等と比べるとシートピッチは

拳1個分は広い感じを受けました。拳1個分ですが、かなり印象は変わります。

台湾籍が多いのか入国カードは配られなかった気がします。

自分は、事前にインターネットで申請していたので、不要でしたが。

日本のLCC比べて遜色ない感じではありますが、知名度等々で劣る面もあり、

9月末で運行停止になるため、最初で最後のV-air搭乗となりました。 

日本のLCCキャリアとの相違点

・出発前の安全案内のCAの仕草がかわいい

マスコットキャラクターとの撮影会がある

・CAさんの髪型がいい(ロングポニテ

台湾到着後

到着は、予定より大幅に早く現地時間1300過ぎに到着しました。

到着後も、SIMカウンター、イミグレ、台北行き路線バスにほぼ待ちがなかったので、

1430には、台北駅に到着することができました。

通信環境は、台湾モバイルでL-01GとGalaxyS6を併用して使用しました。

なぜか、終日GalaxyS6 がLTE掴まず3G接続なのが少し残念ではありました。

 

Mapple PLUS 台北 (旅行ガイド)

Mapple PLUS 台北 (旅行ガイド)

 
アンアン特別編集 休日台湾

アンアン特別編集 休日台湾

 
D10 地球の歩き方 台湾 2016~2017

D10 地球の歩き方 台湾 2016~2017

 

 

 

広告を非表示にする