とある地方イベンターのログポース

岐阜在住のイベンターが綴るイベントあれこれ話

MENU

1泊2日で道東1000km完全走破の旅(後編)

前編はこちらから

local-eventer.hatenablog.jp

 

8/1

雨もちらつく天気ではありましたが、

日本最東端へ行くために、納沙布岬を目指しました。

 納沙布岬

本来であれば、北方四島をみることができるんでしょうが、

天候不良のためみることはできませんでした。

日本最東端に行ったことに意味がある・・・

納沙布岬から戻るついでに、日本最東端の駅も訪問してきました。

続いて、日本最東端の道の駅であるスワン44ねむろにも行き、

風蓮湖にいたタンチョウの番の撮影に成功しました。

望遠鏡をスマホのカメラで接眼して撮ったものになります。

厚岸町

次に目指すのは、牡蠣の聖地である厚岸町

向かった先は、厚岸漁業協同組合 直売店「エーウロコ」です。

ここでは、格安で牡蠣をその場で頂きことができます。

一番大きいものサイズで1個180円です。

生牡蠣4個、蒸し牡蠣2個を食べましたが、身はぷりぷりで、

内臓のエグみが少なくとても満足のいくものでした。

その場で家にも牡蠣を送り、昨日食べましたが、

家族にも好評で取寄せて食べてもいいと言われました。

獺祭と一緒に頂く牡蠣も最高でした。

厚岸駅前で、元祖かきめし弁当も購入し道中で食べましたが、

牡蠣もたっぷりはいっており、おいしかったです。

釧路市湿原展望台

こちらは、天候不良でしたので、真っ白でした・・・・

本来であれば遊歩道が整備されているので、1時間程度で回ることができるようです。

六花亭帯広本店

釧路から道東自動車経由で1時間半ほどで帯広にある六花亭帯広本店へ。

目的は、店舗併設の喫茶室でスイーツを頂くことです。

サクサクパイ、マルセイバターアイス、雪やこんこんまじりっけなしをオーダー。

サクサクパイは、なんと賞味期限3時間というお菓子ですので、なかなか貴重です。

この後1時間後に訪れた知り合いは完売で食べることができなかったそうです。

 千歳空港

帯広から2時間半強で到着しました。

途中イオン千歳店にあるとっぴーでお寿司を少々。

レンタカー屋には、19時過ぎに到着し、2150のセントレア行きに搭乗しました。

local-eventer.hatenablog.jp

 

走行ルート&走行距離

8/1 走行距離 550km

1泊2日走行距離1055km 燃費25km/L

 

Fit3HV所感

リコール続きのFit3ですが、アクアよりは走りが楽しめる車でした。

最近HONDAが力を入れている7速DCTですが、

VWのDSGと比べるとまだまだかなーと思いました。

マニュアルモードがないため、追い越し時にシフトダウンしたいときできません。

また、DCTの変速ですが、スムーズな時もありますが、

ATでいうキックダウンして再加速したいようなときに、

CVTのような変速になるのが、少し気持ち悪かったかなというのが感想です。

まとめ

2日で1000km走るのは少々無謀ですので、真似するのは推奨しません。

実際、大半は運転に時間が割かれ、あまり観光の時間は取れないので、

ドライブが好きな人以外は厳しいでしょう。

宿や飛行機の関係もあるので、

特に長距離走る場合は、事前に所要時間、立寄地、ルートをおおよそ決めておかないと

悲惨なことになりますので、注意しましょう。

前々回襟裳岬行きましたので、

次はオロロライン経由で日本最北端の宗谷岬とかチャレンジしてみたいですね。

広告を非表示にする